openmatomeview

Aspects of scientific Japanese revealed by JECPRESE
グローバルなこの世界の中では英語で論文を発表しないと評価されないため、日本人にとってかなりの負担になっている。そこで、日本語および英語によるプレゼンテーションを400集め、使われている日本語と英語の語彙・表現を比較対照し、その特徴を示した。そして、オンライン検索サイトJECPRESEを構築した。
Updated Date : 2018-07-15 11:18:58
Author ✎ Teddy
この記事をシェアしてください。 ☺

オンライン検索サイトJECPRESEで明らかになった科学日本語の特徴
This study examines the language used by researchers in science and engineering, where clarity is essential. We prepared The Japanese-English Corpus of Presentations in Science and Engineering (JECPRESE) to examine how language is used in science and engineering to clearly and accurately present information. JECPRESE contains transcriptions of presentations given in Japanese and English by researchers. Analyses revealed vagueness in Japanese arising from the tendencies of the Japanese language to sometimes omit subjects and to lack specificity in conveying discourse strategies, verb tense, and mood. Such vagueness is considered to have roots in traditional Japanese society and culture that aim to maintain harmony in a community. However, in an age of global communications, this can be an obstacle to projecting an understandable message. Suggestions are made as to how to make scientific Japanese present clearer messages to a professional community based on linguistic considerations. JECPRESE http://www.jecprese.sci.waseda.ac.jp/
OpenMatome
世界に認められる論文は、曖昧性がない明確なものが求められる。しかし、日本語の特徴として「あいまいさ」はさけられない。我々は解析サイトJECPRESEを構築し、なぜ日本語が曖昧なのかを考察した。その結果、日本社会の和を保つために用いられている方策「主語の省略・文章全体の構成が英語とは全くちがうこと・時制がちがうこと・情緒的な表現」などが、曖昧性をもたらしていることがわかった。しかし、このような旧来の日本語はグローバルな世界では理解されにくい。世界で通用する主張をするには「科学日本語」が必要であることを示した。
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

理工系留学生のための日本語
グローバリゼーションと言語教育
翻訳サイトの問題点
ことばの役割
新学期ののギフトに!