openmatomeview

ブランディングとマーケテイングの違い
マーケティング:自分から自分のイメージを相手に伝える努力 ブランディング:相手に自分のイメージを持ってもらう努力 PR (Public Relations):メディアやニュースを通じて第三者から消費者に届く情報やメッセージを配信してもらう施策。信頼出来る情報源からならより信頼してもらいやすい。
Updated Date : 2017-09-12 00:48:08
Author ✎ htakagi
この記事をシェアしてください。 ☺

意外と知らないマーケティングとブランディングの違い
・マーケティング:自分から自分のイメージを相手に伝える努力 ・ブランディング:相手に自分のイメージを持ってもらう努力 ・広告:マーケティング施策の一つ。より消費者へのメッセージ性が強い。”ノイズ”として見なされるケースも少なくは無い。あまりに直接的に伝えすぎると受け取る側が引いてしまうという事態になる。 ・PR (Public Relations、広報活動):メディアやニュース等を通じて、第三者から消費者に届くような情報やメッセージを配信してもらう施策。信頼出来る情報源からの情報であれば、より信頼してもらいやすい。
・ブランディング:企業価値を向上させることが目的。企業の存在意義を定義するWhatの部分を担う。 ・マーケティング:企業の価値(商品やサービス)をどのように伝えるのかというHowの部分。マーケティングは顧客へのリーチに直接関わるプロセス。決して本来のプロダクト自体の価値に影響を与えることなく、そのプロダクトをどうやって見せるか、どうやって顧客まで届けるか、どうやって潜在顧客を増やすかといった”部分にフォーカスしたものである。 ・市場をつくり、より多くの人々に広げるのがマーケティングの役割 優れた製品や、企業の魅力をより多くのターゲット層に届けるのがマーケティングの役割。 ヘンリー・フォードの名言”もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、我々は今頃速い馬車を作っていただろう”からもわかるように、もし既存の市場が無いのであれば、顧客のニーズを喚起し、新たな市場を作り出す事も可能である。
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

ドクターズコスメ市場規模の推移
ロート製薬株式会社の業績分析「“製薬会社がつくる化粧品”で快進撃!」
天高し人を生かしてイノベーション「ビジョンの構築とリーダーの使命」
大幸薬品の業績分析「“製薬会社がつくる健康家電”で破壊的イノベーションを惹き起こす!」
一歩引いて俯瞰して思考